熱中症と体調不良

JIN治療院

04-2968-7267

〒359-1141 埼玉県所沢市小手指町3-32-2芳邦ビル1F

【平日】11:00~23:00【土曜・祝日】11:00~20:00

ブログ

熱中症と体調不良

新着記事

2016/07/13 熱中症と体調不良

今年も暑い夏がやってきましたね。

 

 

近年、夏季の気温の上昇に伴い熱中症にかかる方が増加しています。熱中症が重症化すると、命を落とす危険もありますので、正しい知識を身につけ熱中症を防いで、快適に過ごしましょう!

 

 

熱中症とは
熱中症は、気温や湿度の上昇などで体温が上がった時に、身体の調節機能が正常に働かなくなることで引き起こされます。人の身体は、熱を作り出す一方で、汗や皮膚から熱を逃がすことで体温を一定に保っています。しかし、このような体温の調節機能がうまく働かないと、体内に熱がこもり、体温が上昇することで熱中症が起こります。

 

 

熱中症の症状
軽度の症状
・めまい
・立ちくらみ
・大量の発刊
・筋肉痛

 

中等度の症状
・頭痛
・吐き気、嘔吐
・からだのだるさ

 

重度の症状
・身体が痙攣する
・意識がない
・まっすぐに歩くことが出来ない
・体温が高い
・呼びかけても反応が鈍い

 

軽度、中等度の症状が出た場合、対策としては、まず涼しい場所に移りましょう。そして衣服をゆるめて体を涼しくさせるのと共に、水分と塩分を補給して休みましょう。

 

重度の症状の場合は、すぐに医療機関に受診する必要があります。回りの人が熱中症で意識が無くなった場合は、すぐに救急車を呼びましょう。救急車が到着するまでの間、氷や水で、首・わきの下・大腿の付け根を冷やしましょう。

 

 

熱中症の予防
□温度と湿度に気を配る
身体で感じる暑さと実際の気温・湿度は異なる場合があります。湿度が高すぎると、汗をかいて熱を逃がすことが出来なくなるため、気温だけでなく湿度にも気を配る必要があります。風通しを良くしたり、エアコンを使ったりして気温と湿度を調節しましょう。

 

□休息をしっかりとる
睡眠不足などで疲労が残っていると、熱中症にかかりやすいので注意が必要です。通気性の良い寝具の使用や、エアコンなどで睡眠環境を整えて
しっかりと眠れるようにしましょう。

 

□水分補給をする
のどが渇いていなくてもこまめに水分を取るようにしましょう。また、汗には塩分が含まれているため、大量に汗をかいた時は、水分だけでなく塩分の補給も必要になります。

 

□栄養を摂る
暑さで食欲がない時こそ栄養をしっかり摂る必要があります。暑い日は食欲がなくなりがちですが、体を冷やす効果がある夏野菜などをうまく取り入れながら栄養不足を防ぎましょう。

 

 

高齢者の注意点
室内にいても熱中症になる場合があります。高齢の方は、温度の変化やのどの渇きの感覚がわかりにくくなるため、熱中症にかかりやすくなります。のどが渇いていなくても水分補給をして、室温の温度をチェックして温度を調節することが大切です。

 

小さなお子さんの注意点
小さなお子さんは、体温調節機能がまだ発達していないので熱中症にかかりやすくなります。また、身長が低いため地面からの照り返しを受けやすいので、注意が必要です。

 

 

熱中症にならないためには、温度や湿度の変化、水分補給や体調など、普段から気にかけていることが大切です。
自分自身や、大切な身の回りの人の健康を守るために、熱中症を予防していきましょう。

 

熱中症対策をしてるけど、身体のだるさ、頭痛、めまい、筋肉の張りなどがとれないとお悩みの方は、JIN治療院にご相談ください。
 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
はり・きゅう・マッサージ JIN治療院
https://jin-chiryouin.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:埼玉県所沢市小手指町3-32-2 芳邦ビル1F
TEL:04-2968-7267
————————————————
Facebook:http://p.tl/oIEG
Twitter:http://p.tl/tSya
mixi:http://p.tl/X36Q
アメブロ:http://p.tl/3lGc
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

TOP