頚椎症による首を曲げると痛む時の治療

JIN治療院

04-2968-7267

〒359-1141 埼玉県所沢市小手指町3-32-2芳邦ビル1F

【平日】11:00~23:00【土曜・祝日】11:00~20:00

ブログ

頚椎症による首を曲げると痛む時の治療

新着記事

2016/11/17 頚椎症による首を曲げると痛む時の治療

こんにちは。JIN治療院の浅見です。

今回は頚椎症で、首を曲げる時の痛みの治療について紹介します。

 

d9c1c39165dcbf503be344067978f860_s

頚椎症は、7つある頚椎(首の骨)の変形や頚椎と頚椎の間にある椎間板の変形などにより神経や血管が圧迫され、首や肩・背中・腕などに痛みやしびれが出たり、頭痛などの症状を引き起こしたりします。

 

頚椎症の症状の中で多いのが、首を動かした時の痛みや、動かせる範囲が狭くなる症状です。なぜこのような症状が出るかというと、頚椎と頚椎の連結する部分を椎間関節と呼ぶのですが、この椎間関節が炎症を起こしていたり、正しい位置からズレていたりするせいで、首の動きの痛みや制限が出てきます。

 

頚椎症の初期の状態であれば、首の上下の動きや、振り向く時などに症状はあっても安静にしていればあまり気にならないという場合が多いのですが、悪化するとじっとしていても痛みが出て、寝る時もつらいということもあります。

 

JIN治療院では、このような頚椎症の症状の治療も得意としています。

頚椎症の治療法は、鍼治療と整体を組み合わせて行います。まず整体により頚椎をはじめとした身体の骨格のズレを正しい位置に整えます。頚椎を正しい位置に戻すことで首を動かす際の負担が減り、痛みが軽減されます。そして鍼治療で硬く緊張している筋肉を緩め、血液循環を改善させて回復を促進させます。

 

この治療法により、首を曲げると痛む症状も早期に軽減されていきます。

 

首を動かすと痛い、寝返りがつらい、などの頚椎症の症状でお困りの方は、ぜひ当院の治療を受けにいらしてください。

 

関連するページ

頚椎症(頚部脊椎症)

頚椎椎間板ヘルニア(頚椎ヘルニア)

首こり

ストレートネック

胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)

むち打ち症(外傷性頚部症候群)

VDT症候群

 

はり・きゅう・マッサージJIN治療院

電話番号 04-2968-7267
住所 埼玉県所沢市小手指町3-32-2 芳邦ビル1F
営業時間 【平日】11:00~23:00 【土曜・祝日】11:00~20:00
定休日 日曜休み

Facebookページはこちら
http://bit.ly/2elJM2Q

TOP